スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さい白いにわとり

1.小さい 白い にわとりが、みんなに むかって いいました。
 「この むぎ、だれが まきますか。」
ぶたは、
 「いやだ。」
と いいました。ねこも、
 「いやだ。」
と いいました。犬も、
 「いやだ。」
と いいました。
 小さい 白い にわとりは、ひとりで むぎを まきました。

2.小さい 白い にわとりが、みんなに むかって いいました。
 「この むぎ、だれが かりますか。」
ぶたは、
 「いやだ。」
と いいました。ねこも、
 「いやだ。」
と いいました。犬も、
 「いやだ。」
と いいました。
 小さい 白い にわとりは、ひとりで むぎを かりました。

3.小さい 白い にわとりが、みんなに むかって いいました。
 「だれが、こなに ひきますか。」
ぶたは、
 「いやだ。」
と いいました。ねこも、
 「いやだ。」
と いいました。犬も、
 「いやだ。」
と いいました。
 小さい 白い にわとりは、ひとりで こなに ひきました。

4.小さい 白い にわとりが、みんなに むかって いいました。
 「だれが、パンに やきますか。」
ぶたは、
 「いやだ。」
と いいました。ねこも、
 「いやだ。」
と いいました。犬も、
 「いやだ。」
と いいました。
 小さい 白い にわとりは、ひとりで パンに やきました。

5.小さい 白い にわとりが、みんなに むかって いいました。
 「この パン、だれが たべますか。」
ぶたは、
 「たべる。」
と いいました。ねこも、
 「たべる。」
と いいました。犬も、
 「たべる。」
と いいました。



光村図書 しょうがくしんこくご 一年上より





オイラが小学校1年生の時、国語の教科書に載っていた話なのですが



この年になっても、凄く心の(頭に)こびりついて離れない話です。



当時の感想は、何とひどい話だ!ニワトリがかわいそう!



まあ、これはお話の中の世界だからな と思いましたが...



大人になってみると、このようなシーンを幾度となく経験する事に...(´;ω;`)ウウ・・・



でも、改めて見直す点もあるのでは と思い書きなが読んでみると



・一緒に何かしてもらおうとあの手この手で「ぶた」「ねこ」「いぬ」に問いかけ続け最後には賛同を得る (粘り勝ち)



・小さい白いにわとりはパン作りのノウハウを独占できる (パン市場の独占)



さてさて、皆さんはどう思いますか?(思っていましたか?)



オイラは自分が「白いにわとり」であってもいいかなと思ってます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

琉狼人

Author:琉狼人
生息地:日本国埼玉県19xx/3/23 ♂
漫画 :王様の仕立て屋、バーテンダー、キングダム
酒 :エビスビール、泡盛、ジン、テキーラ、ラム
趣味 :ネット徘徊
 人 :相田みつを
言葉 :やらなかった やれなかった どっちかな
アニメ:ガールズ&パンツアー
   :シュバルツェスマーケン
   :昭和元禄落語心中
   :だがしかし

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
おすすめ
蚕小屋ライブ




同級生 モクリンさんが
絵本を出版しました

みみの水玉マジック
モクわんダーらんど





リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。