スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊文春の思い出

・「韓流ドラマばかり放送している」「サッカー“韓日戦”と呼んだ」…フジテレビが
 “韓国びいき”だと批判を浴び、騒ぎになっている。お台場で大規模デモも行われた。
 デモ団体は大きく二つに分けられたようだ。ひとつはフジテレビの姿勢に怒り、メディアの公正を
 求める人々、もうひとつは右翼団体である。

 日の丸を振り「韓国人は国に帰れ!」などと叫んでいる右翼の人種差別的発言への批判は
 ネット上でも多く見られた。「彼らと一緒にしてほしくない」という前者(姿勢に抗議
 する人々)の発言も目にした、いわゆる「ネトウヨ」は別として、大方の人々は、後者を批判する
 一方で、前者には好意的であるようだ。

 どうせ批判するのなら、スポンサーの顔色を窺って言論を抑圧するテレビ局全体の
 批判をしたらどうなのか?福島原発に関しても、東電や政治家にまったく遠慮が働かなかったと
 言い切れるのか?韓国びいきより、そっちのほうが問題だと思わないのか?

 万が一、日本人が全員洗脳されて韓国びいきになったところで、誰かの命にかかわるわけでもなかろう。
 だが、原発問題では、われわれの命は確実に危機にさらされる。

 もちろん、ネットでは東電批判もばんばん書き込まれてたし、メディアの偏向を叩く論調も多かったし、
 反原発デモなども行われていた。が、最近のフジテレビ批判の盛り上がりを見ると「これは原発や
 東電への批判から目をそらすための陰謀ではないか」と勘繰ってしまいたくなるほどだ。
 みんな、目を醒ませ!「フジの韓国びいきなんかよりもっと重大なことを思い出せよ!

 それにしてもなぜ、今このタイミングで、韓流ブームヘの嫌悪が一気に高まってきたのだろう?
 ここで思い出すのは、関東大震災後の「朝鮮人虐殺事件」。震災後の不安が、異分子を
 排除する方向に向かっているとしたら…。うわ、似てる!何だかヤな感じがするぞ!(抜粋)
 ※8/31四国新聞より。


↑は作家?の中村うさぎという方が四国新聞に寄稿した文らしいが
目を醒ますのはご自身ではなかろうか

オイラは20年程前から6年前まで、週間文春を購読していたが
この方のエッセイが記載されてから購読を止めた経緯がある
元々、椎名誠さんのエッセイが好きで文春が自分の好みに合っていた事や
室井滋さんのエッセイが連載され木曜日の電車通勤の楽しみが増えたと思っていたら
この方の執筆が始まった

一応、オイラは自分でお金を出して買った本なので雑誌とはいえ端から端まで目を通すのである
この筆者のエッセイだったと思うが、税金(印税)を滞納しホストに入れ込み
買い物依存症で浜崎あゆみに憧れて整形をしたあたりまで読んだ記憶がある
(オイラ的に)大変気分の悪い内容で、購読をやめる最後の方は唯一ページを飛ばすようになった
昨今の芸能人が発言しているように(テレビを)視たくなければ視なければいいじゃん状態
それから暫くして、文春の購読をやめてしまった事を思い出した

上記記事には疑問に思う所がある
>韓流ブームヘの嫌悪
 そもそも韓流ブームというブームが存在しているのか?
 ブームと名付けているだけで、世間一般には広まっていないのでは
>異分子を排除
 前後の文脈から異分子を朝鮮人と言いたいようだが、異分子という言い方がどうも引っかかる

フジテレビデモのような事は他のテレビ局で起きてもおかしくなかったのではないか
では何故フジテレビだったのかという根底の部分を見据えないと
(知りたい人は自力で調べよう)
この筆者さんのように上っ面だけ見て朝鮮人排斥と映ってしまうのだろう


>万が一、日本人が全員洗脳されて韓国びいきになったところで、誰かの命にかかわるわけでもなかろう。
 だが、原発問題では、われわれの命は確実に危機にさらされる。


洗脳されてもいいじゃないかって?


退廃的で老い先短いあなたはそれでいいかもしれないが


御免被る!


それに、放射能は直ちに影響するレベルではないとテレビで放送していたではないですか
この政府の発言に対し、テレビ局に出演した御用学者さん達も同意していたではないですか


タイトルとえらい違う内容になってしまった...
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

琉狼人

Author:琉狼人
生息地:日本国埼玉県19xx/3/23 ♂
漫画 :王様の仕立て屋、バーテンダー、キングダム
酒 :エビスビール、泡盛、ジン、テキーラ、ラム
趣味 :ネット徘徊
 人 :相田みつを
言葉 :やらなかった やれなかった どっちかな
アニメ:ガールズ&パンツアー
   :シュバルツェスマーケン
   :昭和元禄落語心中
   :だがしかし

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
おすすめ
蚕小屋ライブ




同級生 モクリンさんが
絵本を出版しました

みみの水玉マジック
モクわんダーらんど





リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。