スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

う~む

確かにこうして解説されると成る程と思えるのが不思議


そう言えばヒトラー予言では

「しかしその報復として、米英を背後で操るユダヤが、日本を絶滅させる恐れがある。ユダヤの天才的な科学者たちが、炎の絶滅兵器を開発するからだ。彼らはそれをアメリカ軍に与え、日本に対して使わせる。日本の都市3つがこれで火星のような廃嘘になる。そうさせる最初の契機に、イギリスが深いかかわりを持つ。また決定段階ではユダヤの『真実の男』が、より深いかかわりを持つようになるだろう。」

読んで字の通り「原爆」の予言だと思われる。原爆は1938年ごろ、イギリスにいたユダヤの原子物理学者レオ・シラードが思いつき、先輩のアインシュタインに知らせた。アインシュタインは当時のユダヤ系のアメリカ大統領ルーズベルトに知らせ、ルーズベルトはオッペンハイマー博士などユダヤ系の天才科学者たちを動員して、1944年に最初の数発を完成させた。しかも、それを実際に命令して広島・長崎に投下させたのは、ルーズベルトの後任者で、やはりユダヤ系のアメリカ大統領トルーマン(→Truman)だった。「真実の男(→true man)」というつづりと、eひとつしか違わない。

と見てくると、上の予言のうち、外れたのは「日本の3つの都市がその兵器で廃嘘になる」というところだけ。しかし、これもアメリカ軍の作戦では、広島・長崎の次に東京か仙台か松本、更には京都などが目標に挙げられていたという説もあり、本当は「3つ」になるところだったのかもしれない。魔性的な予知能力者による予言と実際との関係──それを避けることはできないが、いくらか方向を変えたり、選択の幅をひろげることは受け手の意思でできる。このことが、これでも少し裏づけられるだろう。


注目すべき点は
・アメリカが原子力爆弾を日本の3つの都市に落とそうとしていた
 実際は広島、長崎の2発であったが3発目は東京、松本、仙台、京都が目標となっていたようだ
 仙台と言えば宮城県か、うーんこれが計画通りだとしたら恐ろし過ぎるなー
・真実の男はトルーマンと考えるのが自然だろうが、もし今回そうであるならバラク・フセイン・オバマだと
 「バラク=祝福」「フセイン=美」「オバマ=曲がった」なのでちょっと違いすぎる気もする
 それか、オバマ以外の誰かが指示したのだろうか?

それにしても、スカポンタン政府の時に狙ったように大災害が起きる
そして、待っていたかのようにTPPなどと言う自国に都合の良い条約を出してくる

地上とかヤクザの手法を考えると何だかピッタリ当て嵌ってしまうのは何故だ
地主に対し大騒ぎを起こし、そこに偶然善意の第三者が現れる
しかし、大騒ぎを起こしている者と善意の第三者はグル

昨今の野田首相や民主党のの動向を考えると
何らかの国際的な組織に日本国と日本国民を売り渡す算段がついたかのようなノダ

あくまでも オカルト推論ですので悪しからず
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

琉狼人

Author:琉狼人
生息地:日本国埼玉県19xx/3/23 ♂
漫画 :王様の仕立て屋、バーテンダー、キングダム
酒 :エビスビール、泡盛、ジン、テキーラ、ラム
趣味 :ネット徘徊
 人 :相田みつを
言葉 :やらなかった やれなかった どっちかな
アニメ:ガールズ&パンツアー
   :シュバルツェスマーケン
   :昭和元禄落語心中
   :だがしかし

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
おすすめ
蚕小屋ライブ




同級生 モクリンさんが
絵本を出版しました

みみの水玉マジック
モクわんダーらんど





リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。